バーチャルオフィスの費用相場は

バーチャルオフィス

少人数で運営される企業では、バーチャルオフィスの利用が進んでいます。従来型のオフィスを構えることは賃料や光熱費の負担が大きく、経営の効率化の点で一定の効果を得られています。大規模なオフィスを多人数で使用する場合には一人当たりのコストが少なくなりますが、少人数では賃料が減少することで会社の収支が大幅に改善されます。バーチャルオフィスには一定の定義はなく、どこまでを個々のパソコンで行うかで費用相場は異なってきます。例えば個人事業などで、住所と郵便を受け取る機能さえあれば良いなら、月額一万円以下でも利用可能です。実際にこの方法でも会社の住所としてホームページなどに掲載することができますし、ビジネス街に住所があることは顧客からの信頼に繋がるでしょう。

基本的に住所と連絡先を確保するものですが…

バーチャルオフィスの基本プランは、住所と電話番号の提供です。電話応対ができるプランもあり、利用者の方は携帯電話ではなく、オフィス街の固定電話を連絡先として利用することができます。固定電話の信頼性は現在でも根強く、携帯電話が発達しても固定電話回線数があまり減少していないのはそのためです。しかし実際のオフィスが全くないことで不便が生じる事もありますので、ロッカーや事務机のみの貸し出しも行われています。プレゼンや顧客の方との話の場を設ける時にだけ利用することもできます。こちらは一時間単位や一日単位で利用額が決められており、例えば少人数用のワーキングスペースでは一時間500円ほどで借りられるところもあります。顧客の方と会う時も喫茶店などを選ぶより信頼性の面で有利になると言えるでしょう。

それでも事業の成功は儲かるビジネスモデルを作ること

起業をして間もない時は賃料の負担が大きく感じられます。本来は資金に余裕を持って起業するべきではありますが、バーチャルオフィスを利用することで起業時のリスクを軽減することができるでしょう。しかし事業が長く発展していくためには、正しい商売、儲かるビジネスモデルをきっちり構築することがポイントになります。住所や電話を用意し信頼性を持たせても、提供するサービスに魅力が無ければ顧客は付きません。商売をするのにオフィスを構える必要がなくなったことで、特にコンサルタント系の起業のハードルは下がりました。それだけライバルが多くなることでもあり、個々の経営努力や生き残っていくための厳しさは以前と変わらないと言えます。事業を行うために必要なものを考え、低コスト化を実現しましょう。