バーチャルオフィスのおすすめの利用法

バーチャルオフィス

仕事場はないけれども、オフィスの最小限の機能とも言える住所、電話番号を借りる事が出来るオフィスをバーチャルオフィスと呼びます。自宅を仕事場にしている人の中には、自分の会社を立ち上げる決意を行うケースもあります。会社を立ち上げる時には会社の住所が必要になるわけですが、自宅が職場などの理由から、自分の家の住所を定款に記す事になります。この場合、会社をPRする目的でホームページを立ち上げた時、会社概要の中には自宅の住所を記載しなければなりません。自宅の住所をホームページに掲載しても特別気にしない人もいるかと思われますが、住所を公開すればトラブルが起きる事もある、個人的な情報をネットで晒す事になるなど、悩みを抱える人も少なくありません。住所を貸して貰えるサービスを使えば、ホームページに掲載する事も抵抗なく出来るわけです。

ネット通販店を運営している人にもお勧めです

住所を借りる事で会社を立ち上げる時の本店住所として登記が出来ます。バーチャルオフィスの住所を借りると言う事は、自分の家の住所を公開しなくて済むなどのメリットをあるわけです。最近はネットショップを運営する個人の人も増えていますが、ネットショップもサイト内に運営者の住所を記載してあるので、情報漏洩のリスクが生じます。都心の中でも人気エリアの住所を借りる事が出来るメリットがあるので、ネットショップの住所を人気エリアのものにしておけば、ネットショップを利用するお客さんに対してもアピールが出来ます。住所を借りているため、郵便物や荷物などは借りている住所に届けられる事になります。しかし、届けられた郵便物や荷物は、自分の家などに転送して貰う事が出来るので安心して利用が出来ます。

電話の転送サービスもあるので一人で起業する人にも便利です

バーチャルオフィスに届いた郵便物などは、自分の下に転送が行われるようになっています。これは電話についても同じで、電話番号を借りている場合でも、自宅の仕事用の電話や携帯電話などに転送して貰えます。個人事業を手掛けている人が会社を立ち上げる、一人で仕事をする場合などでは不在時にかかって来た電話に取る事が出来ないので、ビジネスチャンスを逃してしまう恐れもあります。住所だけでなく、電話番号もレンタルしておけば、バーチャルオフィスにかかって来た電話は、外出中の携帯電話に転送が行われます。これは一人で会社を切り盛りしているのにも関わらず、秘書がいるのと同じような感覚でサービスを利用出来るメリットがあります。尚、最近はレンタルオフィスや貸し会議室などのサービスを提供している会社もあるので、利用時にサービス内容を確認しておくと良いでしょう。