おすすめのバーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィス

新しく会社を設立したい時には仕事をするためのオフィスが必要になってきます。基本的に事務所をレンタルする場合結構な費用がかかってしまうので大変金銭的負担がかかるといえるでしょう。例えば家賃の数カ月分を前払いしないと行けないといったデメリットがあります。なるべく初期コストを下げてオフィスを利用したいときにはバーチャルオフィスを使うのが良いです。貸事務所の場合は事務所全体をレンタルしますが、バーチャルオフィスの場合はオフィスの住所のみをレンタルする仕様となっています。それだけに初期コストや月額費用も大幅に安いので必見です。今回は会社にピッタリ合うオフィスの選び方を紹介します。選定方法を理解しておけば商売もしやすくなるので覚えておくといいでしょう。

会社登記できるのかが重要な部分

バーチャルオフィスは住所や電話番号だけを借りるサービスなのでスペース自体は使いません。自宅をオフィスにすれば良いためかなり使い勝手が良いといえるでしょう。サービスを利用する時は場所によっては会社登記ができない、法人銀行口座の開設が難しい場合もあるので注意が必要です。法人登記に関しては出来る場所とできない場所があるので事前に調べておくと良いです。出来る場合は特定商品取引法に記載する住所として使えるので問題はありません。心配なら顧問弁護士や法律家に聞いてみるといいでしょう。銀行口座の開設もできる場所が少なからずあります。口座開設をするには事業目的をはっきりとしておく、資本金の額を低く設定しない事が大事です。こちらもホームページで対応しているのかチェックしておくとのが基本といえます。

サービス内容を把握しておくと良い

各バーチャルオフィスによって扱っているサービスメニューに違いがあります。例えば電話代行サービスや秘書代行のみを扱っているところもあれば、郵便物の代行にも対応する場所があるので使いやすいサービスを選ばないとだめです。忙しい会社ならボイスワープを使えるサービスが良いといえます。こちらは指定番号に電話を転送してくれるもので、転送先の切替は利用者が行うのが基本です。電話に出られない時はサービス会社が対応してくれます。インターネットFAXが使えるサービスはパソコンやスマートフォンからFAXの送受信を行えます。施設利用のオプションだと個室会議の利用が出来るところや、商談するときのスペースを用意してくれるところもあるので必見です。便利なサービスが多いところを利用して快適に経営をしましょう。